タイヤと野菜置き場
After(製作後)
作品サイズ 間口95×奥行36×高さ107 cm
製作期間 7日間
製作費用

イレクター部品:18,000円

その他の製作費用:2,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    タイヤは床に直置きにしてスチールラックで野菜などを置いていました。でもタイヤの奥を掃除できず年に2回タイヤを交換するときだけ動かすと埃がすごかったので市販のタイヤ置きを買おうと思っていました。でも良いのが見つからずタイヤの上に物を置く場所も欲しいと思うようになりどういう形にしたいのか考えました。
    まず、キャスターで動かせて掃除ができること。タイヤの上に1年分のジャガイモ置き場を作ること。なので重いものに耐えられて動かす時に私でも動かせるくらいのキャスターを付けられる事。
    この条件でホームセンターやネットで考えました。そこでイレクターに出会ったのです。私の条件を全て満たし色まで好み!出会った時は鳥肌がたちました!ここから私の挑戦が始まりました!
  • After(製作後)
    まずは一番作りたかったタイヤ置きから作り始めました。高さをあまり高くスト圧迫感が出ると思ったので高さは1mと決めてタイヤ置きを作りました。出し入れの時どのくらいの余裕があれば良いかなどその場で実際にやってみて決めていきました。
  • After(製作後)
    次にタイヤの上のジャガイモ置きの高さを決めていきました。この時点では1段にするか2段にするかは決めていませんでした。まずジャガイモを入れてみて出し入れしやすい高さをとっても段が作れるかをジャガイモを何度も出し入れして決めました。
    結果2段取れてジャガイモがたくさん収納できました。これ以上高くなると出し入れしにくいのでこれがギリギリの高さでした。
  • After(製作後)
    タイヤは見えないように普段は布で隠そうと思います。場所をとるけど1年に2回しか交換しない。でも絶対必要。そして出来ればいえの中でと言われたのでいつもタイヤには悩まれていました。これで解決したのでスッキリ!です。
こだわりポイント

私がどうしてイレクターにしたか。ホームセンターで私の作りたいものを伝えていたらホームセンターの方がイレクターしかないね!
と教えてくれました。そしてイレクターを見た時のあの感覚!あ!これだ!と思いました!普段からDYIしているのにイレクター知らなかったなんて!なんで今まで気が付かなかったんだろうと悔しかったです。部品をメタルジョイントにすれば何度も動かせる。もし車の大きさを変えてタイヤの大きさが変わってもその度に高さを変えられる。ジャガイモが少なくなってきたら高さを変えて他の野菜置き場にできる。そしてとても丈夫。キャスターも滑らかに動く。作っていて可能性を沢山感じられて楽しかったです。

材料

イレクター2メートル3本。HJ-2を12個。 J-123を4個。ゴムキャップインナー4個。キャスターYGR-50 2個。YGR-50S 2個。

工具

6角ペンチ、ボルト。金属のこぎり。木工のこぎり。