第20回受賞作品(2020年)

選考作品
テーマ:イレクターでTRY あなただけのDIY
庭の防球ネット バレーボール練習場
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2020年10月22日(木)まで
投票は終了しました
作品サイズ 間口650×奥行350×高さ380 cm
製作期間 1週間
製作費用

イレクター部品:100,000円

その他の製作費用:30,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    台風の風等にも負けないように、庭に穴を掘ってしっかりと土台を埋めてセメントも使って基礎を組みました。初めてコンクリートを練るのにすごく体力を使いました。
  • Before(製作前)
    高さがかなりあったため、組み立て作業はかなり大変でした。
  • Before(製作前)
    組み立て後、防球ネットを結束バンドで縛り、防草シートを引いた上に 人工芝をひいて完成しました。
  • After(製作後)
    今年は新型肺炎の影響もあり、学校も休校になってしまい外出もできませんでしたが、庭でボールを使った運動ができ子供たちも喜んでいました。お正月休みをすべて作成に費やした甲斐がありました。
こだわりポイント

子供が中学生になりバレーボール部に入りましたが、家の前の道路では車の通りが激しくなかなか自主練をするには難しい状況でした。レギュラーを目指すには自主練が必須でしたので、子供のために正月休みを利用して庭に防球ネットを作ろうと考案しました。最初は業者に見積もりを依頼しましたが、建設にかなりの費用がかかることがわかりましたので、単管パイプをつかって作成しようと考えました。ホームセンターの店員さんに相談したところ屋外でも錆びにくく設計しやすいイレクターパイプを紹介されました。子供たちがなるべく広く、ボールが少しでも高くあげれるように、パイプをつなぎ、すこしでも頑丈であるように基礎をしっかりと組みました。ボールの衝撃にも耐えれるように、補強のための筋交部品を多く使って作成しております。

材料

イレクターパイプと連結部品。 たくさん
防球ネット インタネットで注文しました。
結束バンド
防草シート
人工芝
基礎部分につかったブロック、セメント、砂利、砂。
長いパイプもあったため、 ホームセンターでトラックを借りて運びました。

工具

背の高い脚立は必須でした。
コンクリを練るためのプラケースと、鍬。

第20回受賞作品(2020年)
選考作品
庭の防球ネット バレーボール練習場
投票は終了しました
投票期日:2020年10月22日(木)まで