第21回受賞作品(2021年)

選考作品
テーマ:イレクターで創る、あなただけの大切な時間
開閉式Pergola Tarp
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2021年10月31日(日)まで
この作品に投票する
作品サイズ 間口357×奥行336×高さ280 cm
製作期間 約2か月
製作費用

イレクター部品:63,000円

その他の製作費用:30,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    3.5m × 3.5mで3面を建物の壁で囲われた小さな庭を多少の風雨でも作業が出来るDIYスペースを確保することが今回の目的です。

    妻の評価も下がらないように、やすらげる庭の確保も目的に追加しました。
  • After(製作後)
    【フレーム組立終了時】
    各部、強度を確保できるよう工夫しました。
    梁:四方の梁フレームは、H=100の2段梁としました(フィーレンディール架構)
      両サイドは、可動梁のレールを兼ねるため、束材部分をM8の全ねじを使用しました。
    柱:垂直ブレースが入らない方向は、2本柱としました。(下右、下左)
      南側は、目隠し壁の天端に設置したこともあり、補強として控柱を設置し強度を確保しました。(上右、上左)
      今回は両端部のみ、地盤まで伸ばしましたが、将来強度に不安が生じた場合には中央部分も追加できるよう端部に接続用jointを付けました。
  • After(製作後)
    【タープ設置後】
    可動梁にタープを設置することで開閉可能な日よけ及び屋根が完成です。
    可動梁の端部は「JB-59C」を取り付けることで、φ25のパイプの上をスライドできる構造が出来ました。
    可動梁は、負担の大きくなる部分を二段梁にすることにより強度を確保しました。
    (梁長の1/2以上の長さの下梁を中央に設置)
    この二段梁の副産物として下段梁にいろいろなものをぶら下げることが可能になりました。
    写真では、イルミネーションをつけてみましたが、物干しても利用可能になりました。
  • After(製作後)
    【DIY作業スペース】
    サイドスクリーンを設置することで、多少の雨風でも作業できる空間が確保できました。
    サイドスクリーンは、線入り透明シートの端部に「J-113」を取付けたものを、パーゴラの可動梁に取り付けることで完成します。

    右下の写真は、雨の日のTarpの排水状況です。
こだわりポイント

今回の1番の目的は、作業スペースの確保ですが制作中にいろんなアイデアが浮かび素案時よりかなり満足のいくものが出来ました。
1.雨の日でもタープを展開しておけるように、左右交互にたわみ量をかえ自然に排水出来るよう工夫しました。
2.控柱をガーデン棚で繋ぐことにより、直行方向の強度も確保できました。
 (このガーデン棚は、妻にも評判が良く、完成写真のように眺めていたくなる小庭が出来ました。
3.可動梁:二段梁部は「J-147A」により、梁間に6.5㎜の隙間が出来、S字フックやロープ、結束バンド等が取り付けられるためいろいろなものがぶら下げることが可能になりました。
 (今後、飾り照明や季節毎のイルミネーションなどを下げて楽しみたいとと思います)

4.開閉装置:今後の課題としてロープ等で開閉出来るよう改良していきたいと考えています。
5.前室として:冬場にはこのスペースの熱だまりにより隣接する窓の冷気侵入対策にも期待しています。

材料

イレクターパイプ φ28:L=2000x25本,L=1500x12本,L=600x4本,L=300x2本
プラスチックジョイント:201個
全ねじボルト M8x135,ナット,袋ナット,ワッシャー:8セット
普通コンクリートブロック:4個,モルタル15㎏
タープ 3x4m:1枚,板材 1x4  L=1820:6本,切り文字(木製):14文字
接着剤、ブラインドリベット、ゴムパッキン、木ねじ、塗料、シール材、滑車、パラコード 他

工具

パイプカッター、電動ドリル、電動丸ノコ、電動トリマー、ドライバー、リベッター、鏝,水平器,指金、刷毛、スポンジ 他

第21回受賞作品(2021年)
選考作品
開閉式Pergola Tarp
この作品に投票する
投票期日:2021年10月31日(日)まで
イレクター作品大賞
あなたの投票でオーディエンス賞が決まります!
※会員登録不要でどなたでも投票いただけます
※投票は同じ作品1票のみ、3作品まで投票可能です
※投票の取消は行えません
投票受付中
他のノミネート作品