男前ガレージラック
After(製作後)
作品サイズ 間口333×奥行45×高さ280 cm
製作期間 1ヶ月
製作費用

イレクター部品:60,000円

その他の製作費用:10,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    ガレージの内壁が外壁タイルを使用しているため穴をあけて棚を作ったりすることが難しく、壁を傷つけずいかに棚を作るか試行錯誤していました。また内壁のデザインがレンガ調であるためこのデザインを魅せながらおしゃれな棚を作れないか考えていました。
  • Before(製作前)
    制作途中の画像になりますが、レンガ模様を見せ、かつ色々なものを飾れるようにメッシュパネルを入れました。また壁を傷つけないように突っ張り棒で棚を安定させ、ガレージの高さを活かした棚を作りました。メッシュパネルの寸法に合わせてのカットが苦労した点でもあります。かなり大きなサイズの棚になり、これから重量のあるバイクのパーツなどを飾ることを考えて、パイプ間の幅はやや狭めにして棚の安定性を保てるようにも気を遣いました。
  • After(製作後)
    メッシュパネルにパーツやオブジェなどを飾った様子になります。また棚板を敷いてバイクのパーツもおしゃれに飾って魅せれる棚が完成しました。
  • After(製作後)
    夜のライトアップした様子になります。
    黒のイレクターパイプで統一し、またジョイントは全てメタルジョイントにすることで重量感がより一層感じられ、またガレージ全体に男臭さがただよう棚に完成しました。
こだわりポイント

物置化してしまうガレージをとにかくお洒落に見せるために、物を魅せるようにメッシュパネルを組み合わせて作った点が挙げられます。またバイクパーツなどの重量物が積載される事を想定して、パイプ間の幅はあまり広げず常に安定性を保てるように組み立てた点もポイントです。(パイプ間の幅は60センチ)
加えて地上から棚板までの足元の高さを50センチほど広く保つことで普段の掃除もしやすくし、魅せるだけでなく綺麗なガレージを維持できるようにしました。

材料

イレクターパイプ H-3000 6本、H-1500 14本、H-900 5本
メタルジョイント HJ-1 2個、HJ-2 8個、
HJ-3 16個、HJ-4 4個
つっぱりキット 6セット
J-166 62個
J-110 6個
メッシュパネル 750×1500 1枚、600×1500 4枚
化粧板 4枚
その他無垢の板をビンテージ風にみせるワックスやペイントなど

工具

イレクターパイプカッター、ノコギリ、サンアロー接着剤
その他はメタルジョイントを締める六角でできます。

当ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上およびサイト改善のためにクッキーを利用しています。
クッキーの利用にご同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。
詳細につきましては、クッキーポリシーをご確認ください。

同意する