キウイ棚
After(製作後)
作品サイズ 間口150×奥行550×高さ200 cm
製作期間 5日
製作費用

イレクター部品:35,000円

その他の製作費用:5,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    テレビでキウイの栽培を見て、自分も狭い庭でやってみたいと思い、キウイ(ゴールデンキング)の苗木を購入。ただ、庭は家の北側にあり日当たりがそれほど良くないので、家の西側にある玄関先に棚を設置しました。
  • After(製作後)
    キウイのメス株を花壇に植えました。イレクターパイプはJ-50Bのキャップを用い、土に打ち込みました。
    ちなみに、オス株はプランターに植える予定です。
  • Before(製作前)
    地面がコンクリートのタイルなので、ホームセンターでポールを立てるための沓石を購入。イレクターパイプの太さに比べて、ポールを立てるための塩ビパイプの太さが太いので、イレクターパイプに防水のテープを巻きました。

    また、郵便受けとインターホンのある塀の上には、純正製品のパイプスタンドをテープ状コークを用いて接着。300mmのイレクターパイプをスタンドに挿入しました。
  • Before(製作前)
    柵にはUボルトを2セットずつ用いて1200mmのイレクターパイプを固定。その上にHJ-1とHJ-4のメタルジョイントを用いて横向きのイレクターパイプを支え、これをキウイ棚の高さの基準としました。195cmほどです。
こだわりポイント

DIY初心者なので、軽くて作業性がよく、長持ちもするイレクターパイプを利用しました。メタルジョイントを利用することで、将来的に棚を拡張することも可能です。
また、地面や壁を全く傷つけていないので、解体したとしても元通りにすることが可能です。

棚の製作にあたっては、50cm間隔の格子状に、エクセル線を配置しました。エクセル線とイレクターパイプを結ぶ際、エクセル線がずれにくいよう、自己融着テープをイレクターパイプに巻きました。

家の前に車を駐車して荷下ろしすることもあるので、トランクを開けた際に棚が邪魔にならないよう、HJ-7のジョイントを用い、棚の角を落としたような形(完成写真の右手前)にしました。

材料

イレクターパイプ
2500mm×3
2000mm×6
1500mm×4
1200mm×2
900mm×1
300mm×1

メタルジョイント
HJ-1×3
HJ-2×1
HJ-4×2
HJ-6×4
HJ-7×7
J-49×9
J-50B×3
J-110×22
パイプスタンド×1

旗立沓石×2
Uボルト×4セット
エクセル線 #14×100m
ペイントマーカー白
テープ状コーク
自己融着テープ

工具

六角棒レンチ
六角棒レンチ用ハンドル
ハンマー
ハサミ
メジャー
脚立

当ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上およびサイト改善のためにクッキーを利用しています。
クッキーの利用にご同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。
詳細につきましては、クッキーポリシーをご確認ください。

同意する