• HOME
  • 新着情報
  • 病院の受付カウンターに突っ張り型パーテーションを設置して飛沫感染対策
カテゴリー
  • お知らせ
病院の受付カウンターに突っ張り型パーテーションを設置して飛沫感染対策

新型コロナウイルス感染拡大対策として、病院の受付カウンターにイレクター製の飛沫感染パーテーションを設置して感染防止を図っている事例をご紹介いたします。イレクターなら、受付カウンターの広さに合わせて、自由なサイズで間仕切り、つい立てなど、簡単に製作ができます。

イレクター導入事例(おおたメディカルモール歯科様)
受付カウンターに突っ張り型パーテーションを製作

おおたメディカルモール歯科様では、受付カウンターにイレクターパイプを天井から突っ張ったパーテーションを作り、透明なパネルを取り付けて飛沫感染対策をしています。

デスクトップに置くだけの飛沫感染防止パネル「パーソナルスペース」もあります
パーソナルスペース 透明パネルタイプ
パーソナルスペース 透明パネルタイプ
パーソナルスペース 白板パネルタイプ

”透明パネルタイプ”は、パネルを上部から差し込むタイプなので、パネルを取り外して洗浄・消毒などのメンテナンスができます。また、透明つい立てなので、前方や左右との圧迫感・閉そく感もなく、視界が広がります。
 
”白板パネルタイプ”は、パネルの白板に文字を書いたり磁石を貼ることもできるため、デスクトップの作業環境を効率よく便利に活用できます。
 
イレクター製パーテーション「パーソナルスペース」の詳細はこちら

パーソナルスペースのお求めは