• HOME
  • イレクター®を知る
  • 公式DIYレシピ
  • Let's DIY!
  • 部品を探す
  • みんなのアイデア投稿
  • イレクター作品大賞
  • はじめての方へ
イレクターDIY番外編【イレクターパイプのカット比較】

イレクターパイプは専用ハンドカッターを使ってカットしますが、金属の切断に使われる金切りノコではどのようにカットできるのでしょうか。
今回は番外編として「金切りノコとイレクター専用ハンドカッターのカット比較」を紹介・解説していきます。

イレクターについて
  • 今回は番外編ということで、イレクター専用ハンドカッター以外のものを使ってイレクターパイプをカットしてみようと思うんだ。
  • イレクター専用ハンドカッターじゃなくてもイレクターパイプをカットすることができるんだね。
  • 金切りノコ~
  • 何それ?!
  • 金切りノコは鉄をカットするノコギリだからイレクターパイプもカットすることはできるんだよ。
  • へぇ~
  • イレクター専用ハンドカッターと金切りノコでどんな違いがあるか、実際にカットして比較してみよう!
  • ”切り比べ”って楽しそう。どんな結果になるんだろうね。
イレクターパイプをカットする

イレクターパイプを万力に固定した状態の同じ条件で「金切りノコ」と「イレクター専用ハンドカッター」を使ってカットします。
イレクターパイプをカットする際は軍手を着用し、ケガに注意して行ってください。

「金切りノコ」でイレクターパイプをカット
「イレクター専用ハンドカッター」でイレクターパイプをカット
「金切りノコ」と「イレクター専用ハンドカッター」のカット比較
金切りノコ 比較内容 イレクター専用ハンドカッター

まっすぐ切るのが難しい
切り口
まっすぐ切れる

大きなバリが出る
断面
バリが少ない
×
鉄粉を含む多量の切り粉
切り粉 出ない

複数本カットする場合はかなり大変
難易度
簡単

※万力に固定した状態の同じ条件でイレクターパイプをカットした場合の「金切りノコ」と「イレクター専用ハンドカッター」の比較です。
※上記は今回のカット比較での評価であり、個人差があります。

切り口
金切りノコ(左)はイレクター専用ハンドカッター(右)に比べてまっすぐカットするのが難しいです。力の方向が徐々にズレていき、斜めになってしまいます。
  • 金切りノコでカットしたイレクターパイプは切り口が少し斜めになっているね。
  • 設計した寸法通りに組み立てるにはまっすぐカットできた方がいいんだよ。
  • 金切りノコは同じ長さに切るのが難しそうだね。
断面
金切りノコ(左)で切った断面には大きなバリが出てしまいます。インナーキャップを取り付けることが困難になったり、ジョイントにさし込みづらくなり、バリ取りが必要になります。
  • 断面も随分違うんだね。
  • 金切りノコでカットしたイレクターパイプのようにバリが多いとジョイントに入らなかったりして組み立てに支障が出るからバリ取りは必須になるね。
切り粉
金切りノコでカットすると鉄粉を含んだ切り粉が多量に出ます。
  • こんなに細かい粉が出るんだね。
  • 床に切り粉がたくさん落ちてしまうと後片付けがたいへんだよ。
難易度

金切りノコは、イレクター専用ハンドカッターに比べてイレクターパイプを1本カットするのに時間が掛かります。また、腕力も使うため、連続で複数本をカットする場合はかなり大変になります。
イレクター専用ハンドカッターは、ハンドルを締め付けて刃を食い込ませてカットしていくため、イレクターパイプを万力で固定してあれば簡単にカットすることができます。

  • イレクター専用ハンドカッターに比べたら、時間が掛かるし、金切りノコを押したり引いたりする力も必要だから、たくさん切るのには向いてないかもな。
  • じゃぁ簡単にまっすぐカットができるイレクター専用ハンドカッターってすごいんだね!
  • そうだけど、金切りノコもイレクターパイプのカットができて十分イレクターDIYを楽しむことはできるから、家に金切りノコがあるなら試してみるのもイイかもね。
Twitterではこのブログの更新情報やちょっとしたDIYお役立ち情報をつぶやいています。どうぞお気軽にフォローしてください!
登場人物
  • ヤジさん / DIYアドバイザー
    DIYアドバイザーの資格を取得して20年。趣味はカメラ。60才。休日はお得意のDIY以外に、旅の思い出写真を撮りためている。夢は孫のジュンと一緒に家のリノベーションを行うこと。
  • ジュン / ヤジさんの孫
    小学1年生。工作が好きで何でも自分の手で製作してしまうじいじを尊敬している。
Twitterではこのブログの更新情報やちょっとしたDIYお役立ち情報をつぶやいています。どうぞお気軽にフォローしてください!