• HOME
  • 被災地支援シェルター

あなたの投票受賞作品が
決まります!

投票受付中
選考作品を見る
Diy-Lifeへの
ご意見をお聞かせください

※ご意見はご返信できません

ご意見ありがとうございました。運営本部一同参考にさせていただきます。
頂いたご意見には返信できませんのでご了承ください。
お問い合わせの場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ>

第11回受賞作品(2011年)

特別賞
テーマ:あなたが考えるエコカイゼン
被災地支援シェルター
After(製作後)

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

テーマについて

イレクターを用いて、より少ない部材で単純な構造かつ強度を保ち快適な空間をもつ
屋内シェルターを考えました。

作品PR
  • Before(製作前)
    東日本大震災はもとより、災害により体育館などの大型施設に避難され先の見えない不便な生活を
    強いられている方がおられ胸が痛みます。
    その時に求められるのが、人間らしく安心して過ごせるプライバシーの確保や外界との適度な隔たり、保温や通気性などの快適さであると思います。簡易テントや段ボールで作られたものは軽い半面、移動させる際に形が崩れたり、一人で移動させにくかったりします。
    その点、イレクターだと頑丈かつ軽量、一人で移動させることも簡単で、メタルジョイントで組む
    ことにより庇の部分の上げ下げによってプライバシーの確保や気温に応じて開口部を狭めたり広く
    させることもできます。何より、中にいて安心感が持てます。
    被せている生地はブルーシートでも転用できます。
    被災された方の少しでも快適な避難をと考え作りましたが、子どもたちの遊びの基地として喜んで
    使われています。
イレクター大賞選考委員からコメント

新製品のメタリックパイプを利用頂き有り難うございます。
今までのイレクターとは全く違ったイメージの作品になりましたね。

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
第11回受賞作品(2011年)