平畝成型機マルチャーに潅水チューブをダブルで同時敷設
平畝成型機マルチャーに潅水チューブをダブルで同時敷設

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

ジャンル ガーデニング
作品サイズ 間口90×奥行45×高さ6 cm
製作期間 2日
製作費用

イレクター部品:1,500円

その他の製作費用:800円

  • 平畝成型機マルチャーに潅水チューブをダブルで同時敷設 その1

    平畝成型機の本体に取り付けるところは、
    部材を加工して、ボルト ナットで固定します。

  • 平畝成型機マルチャーに潅水チューブをダブルで同時敷設 その2

    中に直の繋ぎが入っていて、
    繋ぎを糊付けしなければパイプで回ります。

作品説明

画像の畑は、植え付け前のスイカ畑です、
平畝成型機にマルチャーを付ければマルチを自動で敷設できますが、
潅水チューブをダブルで同時敷設することはできませんので、
イレクターパイプを使って、潅水チューブ用のホルダーを製作しました。

材料

全て28mmのパイプと、メタルジョイントが2種類で4個
プラスチックジョイントJ131で固定するので5パック

工具

六角レンチ、六角棒、7mmドリルビット

Diy-Life運営事務局からコメント

投稿ありがとうございました。
まさしくアイデア作品ですね!
ここまで作るには、かなりの努力が必要だったかと思います。
努力が報われましたね。
イレクターは溶接等が必要ないため、やりたい事がすぐにカタチにできます。
J-113は樹脂製のため、強度が弱いので同じような用途で使用できる金属製のフラットサドルもお試しください。

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
コメント 投稿作品へのご意見、ご感想などお待ちしております。
  • ramu
    こんにちは。 黒マルチを敷くって作業の時に同時に水やり用の潅水ホース?も同時に敷くって事ですか? 2度手間が1回で済むって事では有効ですね! しかし、畑の向こう側がとても小さいので畝が長いのだろうと思いました。 これだけの距離を1回で終わらせるってのはとてもすごい事⁉だと思います。 同時に出来るってのは今までに無かったんですかね?
  • potato
    同じような製品が有るのか?を確認したことがありません。 有ったとしても、 潅水チューブを挟み込んで広がらないボビンが1個3000円します、 (今回は、段ボール箱を切って挟み込みました) 農機メーカーが、これだけの装置を組合わせて製品化すれば、高いです。 今回、急な思い付きで、制作にかかった時間は4時間で、 この内2時間は買い出しにかかった時間になります。 短縮された時間は、 畑の広さ3000平米に対して4時間になり、 昨年対比で15時間以上の時短になりました。 この開いた時間を利用して、トウモロコシを蒔こうかと思案しています。
    • ramu
      イレクターパイプはしっかりしているので毎年使える事でしょう。 10年使えるとなると150時間が短縮され、かなりのコストの削減が出来たのではないか❕と思いました。 ですが、イレクターパイプはもっと長持ちすると思います。 材料さえあれば2時間で完成ってのは素晴らしい!です。 時代はドンドン変わっていくと思いました。 苦労している同業者が見てくれると良いですね(^^)v

コメントをする場合はログインが必要になります。

関連する公式DIYレシピ
ガーデニング
公式DIYレシピ一覧>
関連するみんなのアイデア投稿
ガーデニング
みんなのアイデア投稿一覧>