エアコン室外機ガード
エアコン室外機ガード

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

ジャンル エクステリア
作品サイズ 間口100×奥行50×高さ160 cm
製作期間 3日間
製作費用

イレクター部品:13,500円

その他の製作費用:10,000円

作品説明

2020年春に暖房機能が付いた北国用のエアコンを購入。北海道の積雪を考えると室外機を野ざらしにしていくのは流石にまずいと思い、既製品を探したものの純正品は約10万、手頃な物は高台仕様の寸法の物は無く、ホームセンターでたまたまイレクターパイプを見つけた時に神降臨。傾斜付きの屋根で夏は暑い日差しや雨風から、冬は雪から守りつつ効率の良い働きを妨げないようにと考えました。イレクターパイプと我が家の外壁が同色な事もあり、まずまずの出来栄えと自己満足しています。

製作工程
  • STEP1
    まずは3mのパイプを部品ごとのサイズにカットします。施工前の外観はこんな感じ。
  • STEP2
    屋根の傾斜を考えて奥は10センチ長くしました。接着したのはこの写真の部材だけ。ただし、メンテナンス時、すぐに取り外せる様に、赤○内の横方向の長いパイプは接着してません。ここでしっかり水平、直角を取るため、接着剤が乾くまで紐などでしっかり固定して四角形、各箇所直角をキープするのがポイント。
  • STEP3
    縦と横を互い違いにJ59Cを使って組み上げますが、メンテナンス時、すぐ外せるように、接着剤は使わずはめ込むだけ。作品の足元とエアコンの台座を結束バンド(屋外用の雨風、紫外線に強いやつ)で固定して風対策。木材の部分もJ46とJ113を使って簡単に外せる仕様にしました。
  • 完成3
    昨年の夏も、今年の冬も、ご覧の通り良い仕事してくれてます。
図面

現物が設置させる前に自分の考えをまとめた程度のもの。実際の寸法はわからない段階でしたが、ヤザキさんのHPから写真をダウンロードして購入パーツのイメージと概算を割り出しました。

ダウンロードする
材料

イレクターパイプ3m×6 ジョイント J4×2、J5×2、J59C×28、J12A×10、J46×8、
木材1800×900×20、接着剤、木ビス(40mm)耐水塗料

工具

パイプカッター、ノコギリ、プラスドライバー、差し金

Diy-Life運営事務局からコメント

投稿ありがとうございます。
積雪対応で頑丈な室外機ガードが作れましたね!
メンテナンスでJ-59Cを外せるようにされたのは大変いいアイデアで参考になります。
市販品より安価で、サイズを合わすことができ、しかも丈夫で構想通りに進みましたね!

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
コメント 投稿作品へのご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントをする場合はログインが必要になります。

関連する公式DIYレシピ
エクステリア
公式DIYレシピ一覧>
関連するみんなのアイデア投稿
エクステリア
みんなのアイデア投稿一覧>