バックドアテーブル
バックドアテーブル

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

ジャンル アウトドア ホビー
作品サイズ 間口27×奥行3.5×高さ59 cm
製作期間 1日
製作費用

イレクター部品:1,800円

その他の製作費用:300円

  • バックドアテーブル その1

    家でも設置の練習をしてから釣りに行ったので、設置も簡単にすぐできました。

  • バックドアテーブル その2

作品説明

ときどき家族で海釣りに行くのですが、”汚れてもいい”ちょっとしたテーブルがあると便利だなと思うようになり、キャンプラックからヒントをもらい、車のバックドアからテーブルを設置してみました。板(650×190×19mm)は、ホームセンターの端材売り場で見つけて、たった300円で購入し、サンドペーパーでキレイにして使ってます。
テーブルの両サイドにはアウトドアの椅子を置いて、のんびり気長に釣りを楽しんでいます。
これからも少しずつ釣りグッズを揃えて、快適な釣り空間を作っていこうと思います。

製作工程
  • STEP1
    棚板をパイプ2本ではさみ込んでやや傾かせて使うため、接着固定してしまうと変更できないので、使用場所で微調整できるようにJ-59Cを選びました。
  • STEP2
    車の収納ボックスにちょうど入るサイズにできたので、持ち運びも困りません。
  • STEP3
    椅子から見た視線。
    時間を忘れてスローライフ♪
  • STEP4
    この日に釣れたのは、ヒイラギ。
    ちなみにヒイラギは地方で呼び名がいろいろあるようです。
    ギチ(東京)、ギラ(千葉)、ジンダベラ、ネコマタギ(静岡)、ゼンメ(愛知)、…などなど。
材料

イレクターパイプは、580mmを2本、190mmを2本
プラスチックジョイントは、J-49を2個、J-59Cを2個、J-118Aを2個、サンアロー接着液30mlを1本
板は、650×190×19mmを1枚(今回は端材を購入)
その他、サンドペーパー

Diy-Life運営事務局からコメント

投稿ありがとうございます。
てこの原理を応用して、簡単に棚を作られており収納も程よく、小道具を置くには最適です。
あとは、腕次第ですね!

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
コメント 投稿作品へのご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントをする場合はログインが必要になります。

関連する公式DIYレシピ
アウトドア
公式DIYレシピ一覧>
関連するみんなのアイデア投稿
アウトドア
みんなのアイデア投稿一覧>