AMBUSH SPIDER
AMBUSH SPIDER

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

ジャンル アウトドア
作品サイズ 間口75×奥行145×高さ45 cm
製作期間 作り始めて10ヶ月程。いろいろな場所で実際に使ってみて 、改良を加えているので 未完成です。
製作費用

イレクター部品:7,000円

その他の製作費用:5,000円

  • AMBUSH SPIDER その1

    鯉釣り用のロッドポットのデザインを考え、ホームセンターに通い、パーツを買い足して少しずつ完成をイメージしながら形づくりました。安定感もあり、しっかり竿を保持できるものができ、使用頻度も高まりました。DIYが楽しく短い竿用にも小さいロッドポットを作ってしまいました。

  • AMBUSH SPIDER その2

    必要な装備を装着できるようイレクターのパーツを取り付け使いやすくしています。また気に入ったステッカーを貼り、オリジナル性を高めることで満足度もアップ!ヤザキさんのカッコいいステッカーがあったら貼らせてください。

作品説明

デザイン的に竿が栄えるバランスを考えて8本足にしたことと、エサを打ち、寄せてアタリを待つ釣りなので「AMBUSH SPIDER(待ち伏せる蜘蛛)」と名付けました。前後の竿を受けてる部分は可動するパーツをつけたので、短い竿もセットできるよう工夫しました。

製作工程
  • STEP1
    以前はこのようなピトン式竿立てを20年程使用してきました。硬い地面には刺さらず釣り場を選ぶので、構想を練ってきたものを自作することにしました。
  • STEP2
    冬の寒い時期に車から玄関に持ち込み、そこが製作場所に。パーツがないので竿をどのように固定するか、センサーの取り付け位置はどうするか、ロッドポットの脚をどのような形状にするか、かなり悩みました。試行錯誤の繰り返しです。
  • STEP3
    実際に竿をのせてみて、バランス、強度等を確認。8本脚にしたことで形状的には気に入りました。この後ネームプレートを思いつき、創るよりもロッドポットの名前を考えることに時間が取られました(笑)
  • 完成3
    DIYはここで終わりではありません。イレクターパイプを使いロッドポットが形になったことで土台ができたと思っています。この後はどのようにオリジナル性を高めていけるか、妄想しています(笑)
Diy-Life運営事務局からコメント

投稿ありがとうございます。
実際に使ってみて 、改良を加えて、10ヶ月。
構造、各ジョイントの使い方、既製品との融合、全てに説得力があります。
仕掛け等、釣り好きの方は我慢強く凝られる方が多いので、自作できるロッドポットは自分のやりたい事に合わせられ、使いやすいですね!

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
コメント 投稿作品へのご意見、ご感想などお待ちしております。

コメントをする場合はログインが必要になります。

関連する公式DIYレシピ
アウトドア
公式DIYレシピ一覧>
関連するみんなのアイデア投稿
アウトドア
みんなのアイデア投稿一覧>