あなたの投票受賞作品が
決まります!

投票受付中
選考作品を見る
Diy-Lifeへの
ご意見をお聞かせください

※ご意見はご返信できません

ご意見ありがとうございました。運営本部一同参考にさせていただきます。
頂いたご意見には返信できませんのでご了承ください。
お問い合わせの場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ>

第18回受賞作品(2018年)

選考作品
テーマ:くらしを彩るイレクター
保護タンチョウのハンモック
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2018年11月25日(日)まで
この作品に投票する
作品サイズ 間口60×奥行90×高さ123 cm
製作期間 1台につき3日間程度(3台製作)
製作費用

イレクター部品:26,000円

その他の製作費用:20,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    設計図に沿って、必要なパイプとジョイントを集めました。
  • After(製作後)
    左が中枠が可動式、キャスター台車付きの新型ハンモック、右が基本型のハンモックです。
  • After(製作後)
    新型ハンモックの工夫
    ・本体から取り外しが可能な、キャスター付きの台車
    ・中枠の前後を上下に動かすことができ、高さや角度を自由に調節できる。
    ・上部の枠は取り外しが可能で前後や左右に設置場所を変えられる。点滴の吊り下げやリハビリの用途に合わせて使用できる。
こだわりポイント

 釧路市動物園は野生のタンチョウのレスキューを行っていますが、なかには自力で立つことができないタンチョウも運ばれてきます。そんなタンチョウに少しでも快適な生活を送ってもらえるように、イレクターでハンモックを制作しました。
 タンチョウがなるべく自然に近い姿勢を維持できるように中枠の高さを調整しています。中枠の中には、ハーネスを設置してタンチョウを座らせます。その周囲をタオル等で囲み、身体に傷つかないように工夫しています。
 さらに、個体の大きさに合わせて、高さを変えたり体に角度をつけたりできるように、中枠が可動式の新型ハンモックを作製しました。また、上部の枠を取り外し、前後・左右どちらでも設置できるようして、点滴バックの吊り下げやリハビリにも使用ができるようになっています。さらに、着脱できるキャスターの付いた台車を作り、ハンモックにツルを乗せたままでも楽に移動ができるようにしました。
 保護タンチョウの暮らしを彩るハンモック、これからも改良を重ねていきたいと思います。
 釧路市動物園公式YouTubeでハンモック作製動画を配信中です。野生タンチョウのレスキューについての動画もあるので、ぜひ見て下さいね!
ハンモック製作動画はこちらです↓
https://www.youtube.com/watch?v=QPLLSYXHp60

材料

イレクター関連
 ・イレクターパイプ:30cm~90cmまで計45本(H-300, H-450, H-900)
 ・ジョイント:62個(J-5, J-7A, J-7B, J-7C, J-12B, J-103, J-119A, J-147A, JG-11A)
 ・キャスター:4個(YGR-50S)
 ・フック:4個(J-130)
 ・ストッパー:8個(J-131)
 ・補強パーツ:18個(J-46, J-143)
その他材料
 ・ベニヤ板
 ・人工芝
 ・ハーネスと上部カバー
 ・タオル、フリース等

工具

イレクター切断用のハンドカッター
接着液
レンチ(キャスターとりつけ用)
ドライバー
のこぎり(べニア切断)

第18回受賞作品(2018年)
選考作品
保護タンチョウのハンモック
この作品に投票する
投票期日:2018年11月25日(日)まで
イレクター作品大賞
あなたの投票でオーディエンス賞が決まります!
※会員登録不要でどなたでも投票いただけます
※投票は同じ作品1票のみ、3作品まで投票可能です
※投票の取消は行えません
投票受付中
他のノミネート作品