第18回受賞作品(2018年)

特別賞
テーマ:くらしを彩るイレクター
キッチンチェスト
After(製作後)

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り

ボタンの説明を見る

  • グッジョブとは

    投稿者を応援するボタンです。

  • お気に入りとは

    マイページにお気に入りした作品が保存されます。
    ※会員ユーザーのみ

作品サイズ 間口110×奥行45×高さ70 cm
製作期間 2日
製作費用

イレクター部品:6,090円

その他の製作費用:20,754円

作品PR
  • Before(製作前)
    デザイナーズマンションに引っ越したばかりで、システムキッチンも何もない
    ただの空間に生活が彩るようにコンクリート打ちっ放しに合わせて既成の家具ではなく、ヤザキのイレクターパイプで作る事に。
    実は母が以前ヤザキに勤めていて
    子どもの頃からヤザキのプラスチック製品に囲まれて暮らしていたので、ヤザキで作ってみようかと・・・
    塩ビパイプも考えましたが、
    サイズやジョイント部品も豊富な慣れ親しんだヤザキで作る事に‼︎
    DIY初チャレンジ
    同じような形態のサイズ違い合わせて2台作成しました。
    パイプの切断や塗装・サンアロー溶液など、はじめての事だらけで大変でしたが、
    カフェのような素敵な空間に仕上がって
    部屋のメインに✨
    友達も真っ先にここを見に来て
    どうなってるの?かっこいい✨と大絶賛。苦労したけど、DIYにしてよかったです。
  • After(製作後)
    カトラリーを入れる引き出しを作りたくて、
    間に作りました。
    引き出しは何と餃子パットです。
  • After(製作後)
    ヤザキのキッチンチェストをメインに、
    テイストを合わせて、他のインテリアもチョイスしました。
    キッチンに彩りを添えてます。
こだわりポイント

開口110センチ高さ70センチ奥行き45センチの大容量チェスト
コンクリート打ちっ放しのデザイナーズマンションに合わせて、ヴィンテージのメタリック塗装に仕上げました。
既存のメタルパイプを使うのではなく、黒のイレクターパイプを使用し、一回黒つや消しで塗装した後
、シルバー塗装をしてヴィンテージ感にこだわりました。
お米を入れているガラスジャーやガラス瓶・木箱は以前の家から使っていたので、それらが、ぴったり入るサイズに作れる事もDIY(イレクターパイプ)のいいところだと思います。ジャストサイズ✨✨
真ん中に、カトラリーを入れる引き出しを作りたかったので、引き出しのサイズに合わせてぴったりに作成
この引き出し何と餃子パットです。
このチェスト‼︎見た目がかっこいいだけでなく
ついつい物をたくさん入れてしまうシステムキッチンと違い、とっても使いやすいです。

材料

イレクターパイプ13本
ジョイント20個
サンアロー接着剤
黒つや消しスプレー缶
シルバースプレー缶
棚板3枚
木箱3個
餃子パット2個


工具

ハンドカッターEK-1

イレクター大賞選考委員からコメント

特別賞受賞おめでとうございます。
アンティーク調に仕上がっていますね。
参考にされる方も多いと思います。

グッジョブで投稿者を応援!

グッジョブ!

会員登録してお気に入りに保存しよう!

お気に入り
第18回受賞作品(2018年)