第22回受賞作品(2022年)

選考作品
テーマ:楽しいひと時を イレクターと一緒に
【審査委員長賞】どこでも露店!マルシェ屋台
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2022年10月31日(月)まで
投票は終了しました
作品サイズ 間口130×奥行100×高さ180 cm
製作期間 2日くらい
製作費用

イレクター部品:11,000円

その他の製作費用:2,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    海外のマルシェに出てくるような屋根付きのオシャレ屋台
    家にたまたまあったイレクターパイプを見て「材料足せば作れるんじゃないか?」と思い立ったところから始まりました。
    寸法、必要なジョイント、天板・天幕など試行錯誤した結果、シンプルな組み合わせで考えました。
  • After(製作後)
    屋根なしでも結構しっかりとしています。
    テーブル部分の天板をOSB合板にしたのでキャンプにもよさそう!
    横からの衝撃に弱かったのですが、脚部分に補強のパイプを通すことで改善。
    布をかけたり看板を吊り下げたりが簡単なので足元も隠せます。
  • After(製作後)
    屋外イベントでも実際に使ってみました。
    並べると統一感があってとても雰囲気が良いです。
    万が一パーツ足りなくてもホームセンターですぐにパーツが揃うのもいいですね!
  • After(製作後)
    こちらも屋外イベント。
    日差しの強い日でしたがデニムの天幕で日よけバッチリ。
    看板をフックや結束バンドで吊るすと露店感が出ていていい感じに。
    組み立てにかかる時間は1台15分程度。
こだわりポイント

ハンドメイドイベントなどに出展する際に作品を並べる什器として使用するために製作。
最初はコストを考えて木材で何度か試作をしていたのですが強度や汎用性、分解組立にかかる時間を計算したところイレクタ―パイプがぴったり!ということで採用しました。

こちらは接着剤による固定ではなくビス止めを採用することで分解→再組立や他の設計什器に転用できるようにしています。

屋外屋内問わず様々なイベントに出ているのですが、このマルシェ屋台のメリットは
・分解後の収納、持ち運びがラク
・出展スペースに合わせてサイズを変えられる
・天板で全体を固定することで強風にも耐えられる強靭さ
・天幕の有無が自由に選択できる(屋内だと屋根なしでもOK)
・事前にある程度ジョイントをパイプに取り付けておけば組立にかかる時間を節約できる
・フックや紐をかけての展示ができるので作品の見せ方にバリエーションを出すことができる
・万が一パーツが壊れてもホームセンターですぐに購入できる
まだまだありますが何よりも汎用性が高い点に満足しています。

天板部分が地面から約90cmほどありカウンターのように見やすい位置にしているのもポイントで、通りすがりの人に手に取ってもらいやすいのも工夫しているところです。(よくある折り畳みキャンピングテーブルなどは高さ70cmがメジャー)

今後は子ども用のサイズで作って「おみせやさんごっこ」に使ってもらったり、狭めの卓上でも使えるミニサイズを設計して屋内大規模イベントなどにも活用してみたいと思っています。

この屋台を製作してから、出店でたくさんのお客様や同業者に声をかけていただけるようになりました!
屋台を通してたくさんの方々と過ごす「楽しいひと時」「楽しい空間」をこれからもつくっていきたいと思います!

材料

H-900 S BL 10本
H-1200 S BL 6本
J-5 S BL 4個
J-7A S BL 2個
J-7B S BL 2個
J-12B S BL 2個
J-46 S BL 4 個
J-49 S BL 2個
J-118B S BL 2個
J-120B S BL 2個
天幕 デニム素材 1200×1500mm(サンシェード状)
天板 OSB合板 約500×1000mm(保護塗装済)
その他固定用のドリルビスなど

工具

・インパクトドライバー
・ドリルドライバー
・電動丸鋸
・ミシン

第22回受賞作品(2022年)
選考作品
【審査委員長賞】どこでも露店!マルシェ屋台
投票は終了しました
投票期日:2022年10月31日(月)まで

当ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上およびサイト改善のためにクッキーを利用しています。
クッキーの利用にご同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。
詳細につきましては、クッキーポリシーをご確認ください。

同意する