第22回受賞作品(2022年)

選考作品
テーマ:楽しいひと時を イレクターと一緒に
可搬型キーボードスタンド
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2022年10月31日(月)まで
投票は終了しました
作品サイズ 間口48×奥行40×高さ58 cm
製作期間 2日
製作費用

イレクター部品:11,000円

その他の製作費用:400円

作品PR
  • After(製作後)
    キーボードを購入しましたがサイズが大きく6畳の部屋を占領してしまっていた為、長期使わない時は小さく収納出来るように作成しました。またキャスター設置により移動も簡単になり便利に使えています。後から小物入れを100均で購入、邪魔にならない部分に増設しました。
  • After(製作後)
    一体型で折り畳み式のキーボードスタンドは販売していましたが、使わない時キーボード自体の置き場に困ってしまう為、2つの分解式にしてみました。
こだわりポイント

左部分はEF-1202Bを使って動かないようにして、右部分はJC-40SAキャスターを使い動かせるようにしました。動かしたい時はキーボードを乗せた右部分のみで移動し、固定したい場所に置いたら左部分を噛み合わせる仕組みです(キャスターのブレーキもロックします)。高さと奥行きなどは市販のスタンドを参考にして作りましたが、いさ組み上げてキーボードを置くと椅子と座高の兼ね合いでしっくりこなかった為、J-23Aで微調整をしました。

材料

イレクター11.5mとJ-4×4個、J-5×4個、J-12A×5個、J-7B×3個、J-59C×1個、JC-40SA×4個、J-23A×4個、EF-1202B×4個、J-118A×4個、合材20×26×1cm、プラケース25×8×13cmです。
イレクターは頑丈で頼れる製品ですが、部品点数が多くなると費用対効果が悪くなるリスクがありますので、最小部品見積もりを弾き出す為に根気よく設計する事が大切だと今回の製作を通じて学びました。またイメージした物が完成した時の喜びと充実感はイレクターの魅力だと思います。これから作成にチャレンジする方々の参考になれば幸いです。

工具

パイプカッター、イレクター用接着剤、ノコギリ、ドリル、以下100均で購入〈ノミ、ゴムハンマー、ナイロンバンド等〉

第22回受賞作品(2022年)
選考作品
可搬型キーボードスタンド
投票は終了しました
投票期日:2022年10月31日(月)まで

当ウェブサイトでは、お客様の利便性の向上およびサイト改善のためにクッキーを利用しています。
クッキーの利用にご同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。
詳細につきましては、クッキーポリシーをご確認ください。

同意する