第20回受賞作品(2020年)

選考作品
テーマ:イレクターでTRY あなただけのDIY
開閉式サイクルポート
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2020年10月22日(木)まで
投票は終了しました
作品サイズ 間口200×奥行100×高さ1400 cm
製作期間 7日
製作費用

イレクター部品:55,000円

その他の製作費用:15,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    一般的な市販のサイクルポートの購入を検討したのですが、横からの雨を防ぐ事が出来ませんでした。
  • After(製作後)
    横からの雨対策のため、側面にポリカ波板を取り付けました。
  • After(製作後)
    取り回しが難しい大型バイク用である事と、コンパクトなサイズにするために、間口を開閉式になるように考えました。
  • After(製作後)
    間口を開けた時には、屋根の一部が片持ちになりますが、閉じれば側面の部材と簡単にジョイント出来るようにして、強度を確保しました。
こだわりポイント

一般的な市販のサイクルポートでは、横からの雨を防ぐ事が出来ませんでした。
横からの雨対策のため、側面にポリカ波板を取り付けました。
取り回しが難しい大型バイク用である事と、コンパクトなサイズにするために、間口を開閉式になるように考えました。
間口を開けた時には、屋根の一部が片持ちになりますが、閉じれば側面の部材と簡単にジョイント出来るようにして、強度を確保しました。
ホームセンターに事前に注文すれば、定尺パイプを自分で切断しなくても、細かなパイプの長さに対応してもらえる事と、開閉式にするためのジョイントの種類が豊富にある事から、イレクターを使用しました。
側面には工具置き場や照明などを、簡単に取り付ける事が出来ました。
アンカーを取り、台風対策も万全です。

材料

イレクターパイプΦ28 95mm~2960mm 66本
アジャスター 12個
プラスチックジョイント 86個
波板取付用フックボルト 260個
ポリカ波板 655mm×1820mm 19枚

工具

インパクトドライバー

第20回受賞作品(2020年)
選考作品
開閉式サイクルポート
投票は終了しました
投票期日:2020年10月22日(木)まで