第20回受賞作品(2020年)

選考作品
テーマ:イレクターでTRY あなただけのDIY
学習机•作業台•ゲームデスク
After(製作後)
気に入った作品に投票してください!
投票期日:2020年10月22日(木)まで
投票は終了しました
作品サイズ 間口88×奥行58×高さ226 cm
製作期間 5日ぐらい
製作費用

イレクター部品:21,000円

その他の製作費用:14,000円

作品PR
  • Before(製作前)
    もともとこたつで生活していたのですが、ソファーを買ったので机といえるものが家からなくなりました。こだわりとしてカウンターチェアを使った高めの机に憧れ、ヴィンテージ風にするためイレクターパイプを使用し作成しました!
  • Before(製作前)
    ブラックのイレクターパイプφ28を使用し、がたつき防止としてアジャスター、補強としてJ-26とJ-114など、天板の板受けとしてJ-112AとJ-113を使用しました。脚には、補強兼足置きを作りました。
  • Before(製作前)
    モニターを壁掛けにして設置したかったので、こたつの天板としてDIYしたワンバイの板を再利用し、板•壁面取付のJ-30や板受けJ-113Aに穴を開けボルトで止めるなど補強し木製の壁を取り付けました。パイプが余っていたので、壁への固定のJ-103などを買い足し、天板と木製の板をつなぎ合わせる部分を作ったのですが、この部分が個人的に気に入っております!(天板と木製の壁の間にあるパイプです。)
  • Before(製作前)
    ゴツゴツとしたマッドブラックの塗装にブラウンの塗装を加え(サビ加工風)、エイジングを出してみました。
こだわりポイント

天板までの高さが100cmある「高めのパイプデスク」という唯一無二な机です。ジョイントをたくさん使うようにして、入り組んだ複雑感を出しました。他にもデスクの上のディスプレイ棚、その上にある壁からでてきたような配管風のパイプ、電球の取付など遊び心を詰め込んだ作品です!

材料

イレクターパイプφ28
2000m4本、1500mm2本、1200mm4本
(補強に少し買い足しました。)
ジョイントはいろいろです笑
60個ぐらい使いました。
専用の接着剤を使用し接着しました。

工具

ボルト、ナット、レンチ(補強)
刷毛、バケツ(塗装)
インパクト、ビス(板の取付)
ドリルビット(モニターの配線のために)

第20回受賞作品(2020年)
選考作品
学習机•作業台•ゲームデスク
投票は終了しました
投票期日:2020年10月22日(木)まで